スタッフブログ

2013.06.24

国際税務について、余談

こんにちは!港区赤坂の税理士、上坂です。

最近、個人の税務申告についての問い合わせがあるのが、過去申告を行っていないというのがあります。
それは、米国での収入(賃貸収入とか利息等)の日本での申告漏れ、または、その反対です。

いろんな事由で申告をしていなかった、忘れた、知らなかった等がありますが、私の税理士としての立場上、過年度に上って申告してくださいとしか言えないです。

米国から送金して自由に使いたいのですが大丈夫でしすか?
日本の海外財産が為替の関係で5,000万円を超えそうなので、どうすればいいのでしょうか?
税務と関係ないことまでお聞きすることもあります。
勿論、申告することによって、税金が還付されることもあります。
みなさん、色々悩まれるところです。
もし私が逆の立場でしたら、やはり同じような悩むでしょうね!

しっかりと申告をして、堂々と人生を送りましょう! としか言えません。

お悩みをお聞きします、国際税務税理士の上坂です。

投稿者: ちあき眼科クリニック

赤坂相続税申告・生前対策サポートセンター 相続の事でお悩みなら 事務所紹介 料金表
pagetop